転職時に大切な考え方

介護福祉業界の仕事は、社会には欠かせないものばかりです。この業界は慢性的な人手不足に悩まされているため、転職活動は比較的容易です。しかし、介護の現場では自分で動くことが難しい利用者を介助することも多く、足腰を痛めるなどして体力的に辛くなったり、また利用者の症状として暴力や暴言があり、精神的に辛くなることもあるでしょう。そのような事情も相まって、業界内での転職は一般的に実務経験を積んで資格をとり、現場を統括・俯瞰する役目を持つ少し上の立場になることを目指す人が多いです。

社会福祉士、介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格は、実務経験や研修を積めば、福祉系の大学や専門学校出身でなくても受験資格を得ることができます。そうして利用者の生活相談や施設管理者、施設経営者などとして転職し活躍する人も多くいます。職場としては、介護施設や居宅介護事業所などはもちろん、病院や障害者施設などでも必要とされます。また、仕事を家事や子育てと両立している人も多く、結婚や出産を経てもパートタイムやシフト勤務制などを使って、自分のライフスタイルに合った働き方を見つけることが出来ます。

現場で働くことが辛くなってきたら、一度、自分がやりたいことを考え、それに合った資格やステップアップの方法を調べてみましょう。介護福祉業界は実生活に役立つことが身につく場でもあり、一生働くことが出来る職種です。経験を積み、知識を得て、自分をよりステップアップ出来るような職場を探してみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です