介護福祉と多様化するニーズ

福祉関連業界は、大きく介護に関する業務と保育に関する業務に分かれており、少子高齢化社会が慢性化している日本においては介護関連事業の市場が拡大し続けることが見込まれているため、介護業務を担う人材が慢性的に不足しているという現状があります。特に、実際に要介護者に対して食事や入浴、排泄などの基本的な生活動作をサポートするホームヘルパーや介護福祉士の資格者や、健康面や医療行為をサポートする看護師の資格者が不足しており、転職サイトでもこれらの専門職の求人案件が増加傾向にあります。

高齢者の数が増える一方で、介護関連のスタッフの増加数が追いついていない点と、介護スタッフの労働環境が恵まれずまだまだ未整備になっているという点で、今後は介護サービスを満足に受けられない要介護者が増えると懸念されています。一方で、福祉と介護に関するニーズは多様化しているという一面もあり、保育においては女性がより働きやすい環境を整えるための託児所や認可保育園の数を増やす傾向にあり、介護においては要介護者の家族の負担を少しでも軽減させるためのきめ細かいサービスが求められる傾向にあります。

多様化するこれらのニーズに対応するためには、国による労働環境の整備や人材活用が必要です。また、少しでも良い条件で福祉業界への転職を成功させるためには、多様化するニーズを捉え、総合的な知識とコミュニケーション能力を向上させることがポイントになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です