超高齢化社会を迎える日本

日本が抱える福祉問題の中でも私たちの生活に非常に身近なのが、超高齢化社会問題です。2025年には3人に1人が65歳以上になると予想されていて、これが様々な影響を及ぼす可能性があります。年金問題や介護問題など、高齢者だけでなく若い世代にとっても人ごとではない深刻な問題です。

この超高齢化社会において欠かすことができない要素が、「介護施設の充実」「介護スタッフの人材確保」「高齢者の地方移転」です。介護施設の充実は重要項目ですが、資金や土地の問題も絡むため都市部などでは簡単にはいかないようです。そこで、効果的となる対策は都市部の高齢者を地方へ移転させる計画ではないでしょうか。都市部では高齢者施設不足が深刻化していますが、地方ではまだ都市部ほど深刻な状態ではないようです。高齢者が積極的に地方に分散することによって、都市部では施設不足を緩和でき、地方では高齢者が増えることで雇用の増加にも繋がるでしょう。

そして介護スタッフの人材確保、これも重要な問題です。介護スタッフ全体の高齢化と若年層の若いスタッフが増えない影響で、ヘルパーの数は圧倒的に不足しているのが現状です。この問題を解決するためには、転職者を積極的に取り込むことが求められます。若年層の企業離職率が増え、中年層の引きこもりや転職難民問題も同時に解決できるため、ハローワークやリクルート業界が一丸となって転職希望者を福祉業界へ取り込む動きがキーとなるのです。これらの対策により、2025年問題を回避できる糸口となることが期待しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です