福祉業界が抱える課題

福祉業界は高齢化社会に伴ってより需要が高まり、この業界に従事して働く人材の増加が望まれています。特に介護ヘルパーなど、実際の現場で施設の入居者に接するスタッフの人数は少しでも多く充実していることが望まれますが、現状はまったくその逆です。新しく介護の仕事を選択する若者の数が増えていかない状況だけでも非常に危機的ですが、さらに、既に介護の仕事を行っているヘルパー全体の高齢化も影響して、介護業界全体が人材不足の影響を受けてしまっているのです。ヘルパーの数が足りないことにより、一人のヘルパーにかかる仕事量の負担が増加し、ハードワークを理由に離職してしまうケースも少なくありません。まさに負のスパイラルになっています。

この問題を解決するためには、一人でも多くの人材が介護業界に入ってくることが望まれます。それは専門学校や大学を卒業して働き出す若者に限らず、これから転職しようと考えている人にも当てはまります。介護業界や建築業界などは求人倍率が高く恵まれていますが、他の業界における転職の難しさは未だ変わらず困難なのが現状です。そんな中で、この介護業界の求人量はとても多く、比較的中高年の方でも働ける仕事なのです。まさに介護業界への転職希望者が問題解決のカギと言えます。

しかし、ヘルパーに対するイメージはハードワークで給与が安いなど、悪いイメージが先行しています。そのため、介護ヘルパーの悪いイメージを払拭し、新たにこの業界に就こうとする若者や中途採用者の意欲をアップさせることがリクルート業界の課題とも言えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です